黄色いジュウタン

f0174419_2230582.jpg

          黄色い小道で
f0174419_22302972.jpg

          寝そべる大雪
[PR]
# by sdaisetu | 2002-11-30 10:29 | 大雪&ラピ | Comments(0)

惜秋

f0174419_22273065.jpg

大雪に舞い降りた小さな秋

今年はとても素晴らしい秋でした。

[PR]
# by sdaisetu | 2002-11-29 22:26 | 大雪&ラピ | Comments(0)

落ち葉とふたり

f0174419_22251741.jpg

福岡城お堀

立派な銀杏の木が並んでおり

二人仲良く記念写真

[PR]
# by sdaisetu | 2002-11-28 22:24 | 大雪&ラピ | Comments(0)

海のバカヤロー

f0174419_2219465.jpg

f0174419_2220431.jpg

f0174419_22201591.jpg

なぜか海に向かって吠える大雪

なんの心境の変化かな

おしりのカットでごめんなさい。
f0174419_22205918.jpg

f0174419_22214235.jpg

f0174419_22215538.jpg

f0174419_2222489.jpg

何時も他に美味しい物食べさせているだろ

そんなものかじらなくても。
[PR]
# by sdaisetu | 2002-11-26 22:18 | 大雪&ラピ | Comments(0)

こわい顔

なぜか走る時は怖い顔をするんです

なんとかいい顔の写真を掲載しょうとおもうのですけど

何時もこの写真になります、だから今回は勘弁

してください。
f0174419_22161273.jpg

f0174419_22162573.jpg

f0174419_22163460.jpg

f0174419_22164315.jpg

f0174419_22165427.jpg

f0174419_2217364.jpg

f0174419_22171020.jpg

[PR]
# by sdaisetu | 2002-11-12 22:15 | 大雪&ラピ | Comments(0)

Night 門司港

f0174419_226315.jpg

f0174419_2264461.jpg

f0174419_2265353.jpg

f0174419_227359.jpg

f0174419_2271748.jpg

f0174419_2272671.jpg

f0174419_227344.jpg

[PR]
# by sdaisetu | 2002-09-02 22:05 | 大雪&ラピ | Comments(0)

ひまなとき

f0174419_22112345.jpg


暇な時皆さんのWANちゃん

どんな格好しています、家の大雪は

決まって暇そうにうわべまなこで、ため息を付きます

散歩のサインでもありますけど(笑)

f0174419_2211511.jpg

      ↑ 余り暇すぎるとこうなります。
[PR]
# by sdaisetu | 2002-08-20 22:09 | 大雪&ラピ | Comments(0)

お誕生日登山

f0174419_13141579.jpg


この日、大雪の6回目の誕生日です。
早いもので今年4月に、家に来て丸6年に成ります。
今日は大雪の誕生お祝いのつもりで、またまた久住山に来ました。
とにかく今年はツイテいません。今日は晴れの予報なれど天気は最悪で、
山頂付近では吹雪の為私自身目を開けていられず、大雪共々うずくまっ
て凌ぎました。
本当に今年は天気に恵まれません。
この日九重町長者原では{九重氷の祭典}が行なわれており、氷像を展示
する位なので1年で一番寒い季節です、ちょうどこの時期山頂付近の御池
が凍り、その上を歩くのが密かな楽しみです。

大雪と山に登りだして4年半位になり、九州の山々を訪ね歩きました。
随分多くの人と友達になり、大雪が居なければただのすれ違いに終わっ
たと思われる人達と交流を持てました、犬がもたらす縁と言うものでしょう
か?。でも中にはすれ違いに、「可愛そう」などと言われ、不快に思った事
も有ります。確かに私自身きついのですから、大雪もきついと思いますけ
ど、こんな所に連れて来て不幸なのでしょうか? 大雪はお座敷犬です。
寝起きを共にして異種(人と犬)とはいえ、ある程度なにを思っているか解
かる用になりました。好きな事、好きな物、嫌いな事、嫌いな物、だから山
に登った時の嬉しい表情を判る用になり、とても楽しんでいると確信してま
す。

犬の寿命は10年そこらです。大雪も例に漏れず、しばしの別れが来ま
す。私自身そのことを強く胸に刻んでいるらしく、少しの時間でも共に要る
ようにしてます。今年来年大雪の足腰がしっかりしているうちは、多くの
山々に出掛けようと思います。
[PR]
# by sdaisetu | 2002-02-10 13:07 | 大雪&ラピ | Comments(0)

阿蘇山登山

f0174419_1315826.jpg

f0174419_1321436.jpg

この日は、昼から晴れるという事で伸び伸びになっていた、阿蘇山に来ました。
しかし予報とは裏腹にちょこっと晴れ間を見せただけで天気は回復しませんでした。
中岳稜展望所から見る阿蘇中岳と中岳火口です。

f0174419_1332782.jpg

中岳稜展望所からは細い稜線を歩く事30分で中岳頂上に到着。
ごらんの通り、視界がことのはか悪く、とても残念でした。
晴れていると此処からは、祖母山や久住山の眺めが良く、ぐるりと囲む外輪山が見渡せます。

f0174419_1335893.jpg

f0174419_1341333.jpg

f0174419_1342936.jpg


今日は登りと下りの道が一緒です。
目印の黄色のマークを見落とさない用にしないと、視界が悪いので道に迷ってしまいます。

f0174419_137251.jpg

f0174419_1372074.jpg

f0174419_1373927.jpg

f0174419_1375335.jpg

今日は残念だったけど、また来たいと思います。
この阿蘇は大きく、最高峰・高岳は1592mしかないけど、阿蘇五岳を取り囲む外輪山の中に3町3村が入るほど広い所です。この大カルデラは、世界最大級のスケールで、東西18km南西24km、周囲128kmという広さです。
JR豊肥線、南阿蘇鉄道、国道57号線が走り、5万人もの人が暮らしています。
旧噴火口の中で生活いているのには驚きです。
[PR]
# by sdaisetu | 2002-01-27 13:01 | 平日登山隊 | Comments(0)

尺岳登山

f0174419_12415785.jpg

f0174419_12421399.jpg

今日はとっても暇です。何処か遊びにいきたいな。

f0174419_12423113.jpg

f0174419_12424792.jpg

それならばと御主人様が車で1時間位の所にある尺岳に連れていってくれました。

f0174419_12432720.jpg

f0174419_12434496.jpg

とっても気持ちがいいのだ、やっぱり自然は心地良い
おいらもおねーちゃんも鳥の声に聞き入っているのだ。

f0174419_12511443.jpg

f0174419_12514848.jpg

f0174419_1252055.jpg

f0174419_12525546.jpg

1時間半で頂上に到着、今日の山はおいらには少し楽勝すぎる
今度はもっと長い距離を歩きたいのだ。

f0174419_12531181.jpg

f0174419_12532914.jpg

でも帰りの車の中で眠くなったので、おいらもおねーちゃんも
お休みモードです。

尺岳をはじめ、皿倉山から福智山、牛斬山そして香春岳へと続く山々が福智山魂です。
さらに山々の裾には、菅生、七重、白糸などの滝があり、市民の憩いの場所、自然探勝地として親しまれています。
尺岳は伝説のある山で、日本武尊(やまとたけるのみこと)が熊襲征伐の折、山上の大岩と背比べをしたが、大岩が尊に一尺たらなかったために尺岳の名がついたそうです。
この日は朝からの用事をすませ、遅めの朝食をとりながら、2匹の暇そうな顔を見るなり、近くの尺岳へと向かいました。
自宅を昼過ぎに出て、数ある登山コースの中から竜王峡手前からのコースを選びました。
登山口に1時半に到着し、民家の間から山道に入る。
ここで地元の犬に歓迎?され、10匹の犬に囲まれました。しかしどの犬も大雪より小さく、吠えるだけで近ずけません。大雪、リーダー格の犬に一吠え、退散させました。
山は何度かの急坂はありましたけど、それほどきつくは有りませんでした。
標高608mm、時間にして1時間半。ただ写真でも分かる用に、ポメのラピを連れて行っており、ほとんど抱っこして登ったのでそれがとっても重かったです。
[PR]
# by sdaisetu | 2002-01-11 12:33 | 大雪&ラピ | Comments(0)