<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

久住山登山

f0174419_20201029.jpg

福丸にとって初めての久住山登山。平日登山隊、メジャーな山へトライしました。

今日は、牧ノ戸コース。初心者にも歩きやすく、お勧めのコースです。
f0174419_9572876.jpg

f0174419_9574454.jpg


樹氷が綺麗。
f0174419_9581051.jpg

牧ノ戸レストハウスの前を通り
f0174419_958513.jpg

牧ノ戸峠登山口

f0174419_1002876.jpg

太陽が眩しい!!

f0174419_1013011.jpg

f0174419_1014177.jpg

f0174419_1015482.jpg


f0174419_105370.jpg


僕の感想ですが、最初のこの沓掛山越えが一番きつい様に思います。

f0174419_1021132.jpg


f0174419_1063886.jpg

f0174419_106484.jpg

青い空と山の雪景色がサイコーです。

f0174419_1074627.jpg


f0174419_1075644.jpg

少しづつ足元がぬかるみだした、西千里ガ浜。

f0174419_10123446.jpg

久住山が間近に見えてきました。

f0174419_10141719.jpg

星生崎
f0174419_1017074.jpg

避難小屋とバイオトイレが見えて来ました。

f0174419_10185066.jpg

久住分かれ

f0174419_10193948.jpg

久住山の最後の登り
f0174419_1020773.jpg

段々となだらかになってきました。もうすぐ頂上。

f0174419_10212144.jpg

頂上で仲良く撮影

頂上からの景色、天気が良いと綺麗に見えますね
f0174419_10223658.jpg

f0174419_10254948.jpg


牧ノ戸峠から2時間半、歩く価値ある風景です。
f0174419_1027444.jpg

帰りに振り返りながら見る、久住山。楽しかったな。
f0174419_10225015.jpg

帰り道に見える涌蓋山

f0174419_1033318.jpg

f0174419_1033447.jpg

f0174419_10335355.jpg


f0174419_10343468.jpg

楽しかっね。また行こう!!

f0174419_10351145.jpg


休日は、かなりの人気コース。人がごった返します。
たぶん犬連れには、大変なコースです。平日に行くのが良いかな!!
犬が嫌いな人や、苦手な人が居ますからね。狭い道幅、トラブル防止の為、休日は避けて、
素敵な山をなんとか分け合えたらよいですね。
[PR]
by sdaisetu | 2016-02-18 20:19 | 平日登山隊 | Comments(0)

若松北海岸周辺

地元をのんびりと息子達とお散歩。
今日は、少し肌寒く、息子達にはちょうど良いくらいでした。
しばらく歩くと、猿田彦の石碑
f0174419_12242674.jpg

天孫降臨の際に道案内をしたということから、道の神、旅人の神とされるようになったようです。
ものすごくざっくりですね(笑)
長年住んで居たのに、今回この石碑には驚きました。

地元の有名人 火野葦平
『麦と兵隊』『土と兵隊』『花と兵隊』とあわせた「兵隊3部作」は300万部を超えるベストセラー
になり、芥川賞を受賞した、戦中戦後の人気作家です。
生前の住まい 若松の「河伯洞」
f0174419_12322596.jpg

現在は市指定 史跡で、中を見ることができます。
今日は、ワンコ連れの為、外の雰囲気でも。

f0174419_12434176.jpg

中々珍しい、警察所属の警備艇
f0174419_12453377.jpg

海上保安庁所属の巡視艇
f0174419_1247555.jpg

f0174419_12471484.jpg

港で働く作業艇

厳島神社
f0174419_12545080.jpg

拝殿の周りに鳥居や手水舎などがあり、
コンパクトにこじんまりした神社です。

f0174419_12572370.jpg

歩くの楽しいね。

f0174419_1259680.jpg

ごんぞう小屋
海上労働をおこなったのが沖仲士。旧若松市では、沖仲士のことを、「ごんぞう」あるいは「ごんぞ」と呼んでました。その人達が当時休憩などで使用していた場所。現在は新しく当時風に立て替えた、中は当時を写真などで紹介している、休憩場所になってます。

f0174419_1258140.jpg

日本一の石炭積出基地として隆盛を極めた若松。荷揚場の一つであった「弁財天上陸場」

f0174419_1352676.jpg

明治38年に建設された、石炭会館

f0174419_1362848.jpg

大正7年の建築の旧古河砿業若松支店

f0174419_13112851.jpg

若戸大橋と若戸渡船
f0174419_1312619.jpg

今でこそ、日本各地に巨大釣り橋がありますが、若戸大橋は、平戸大橋とともに
日本の大吊橋の先駆けです。
朱色がとても鮮やかで。

f0174419_13135038.jpg

隅っこに、民家の間に隠れるようにあった、恵比須神社。
近くに大きな恵比須神社があるので分社かな?ほんとに日本には、神社が沢山あります。

f0174419_13155050.jpg

小型の船を陸揚げする施設。船底の修理やフジツボ除去、ペンキを塗ったりします。

まだまだ地元の探検しがいがあります。
[PR]
by sdaisetu | 2016-02-12 11:54 | デジカメ散歩 | Comments(0)

駆けっこ

いつものプライベートドッグラン
兄弟仲良く走ったりプロレスしたり。
見ているだけで、楽しいです。
f0174419_11334092.jpg


元気が一番です。
[PR]
by sdaisetu | 2016-02-08 11:31 | 満福&福丸 | Comments(0)

英彦山奉幣殿

福岡でも屈指の豪雪地帯、英彦山周辺。
雪と御朱印を求めて、福岡県添田町まで出かけました。
山道をくねくねと上がり、別所駐車場で車を止め、お土産屋さんの間を抜けなだらかな石段を登ります。
f0174419_2329438.jpg

f0174419_23295475.jpg

まだ雪も残り、寒さが二人のテンション上げ上げです。
f0174419_23362668.jpg

f0174419_23365388.jpg


石段を登り詰めると、左手に重要文化財の朱色の奉幣殿
f0174419_23385824.jpg

f0174419_23391616.jpg

f0174419_23423967.jpg


上宮へ登る道
f0174419_2340296.jpg

手水舎
f0174419_23422898.jpg


社務所
f0174419_2343822.jpg

納札所
f0174419_23443614.jpg


f0174419_2345473.jpg

英彦山神社の御朱印

f0174419_234963.jpg

ここ英彦山神社はワンコOKですが、神社のご厚意で入れさせていただいてます。
このブログを見て、もし行かれる方がおられましたら、ここは聖地ですし、重要文化財の
建物群ですので、ワンコのおトイレには、十分お気を付けください。
[PR]
by sdaisetu | 2016-02-07 21:40 | 御朱印を求めて | Comments(0)