<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

障子ヶ岳

今日は、みやこ町にそびえる障子ヶ岳に登って来ました。
標高427m。この障子ヶ岳には城跡があり、地元ではこれを牙城跡と呼ばれているそうです。
つまりここは、登山と城址の二つの楽しめる山です
いくつかあるルートの中から、上野集落から大宰官道を歩くコースを進みます。
f0174419_2117451.jpg

みやこ町上野地区の若宮八幡宮前に駐車し
障子ヶ岳を正面に見ながら進みます。
f0174419_2211196.jpg


途中までは、なだらかなアスファルト道。
f0174419_22134684.jpg


f0174419_221486.jpg


城址の案内があり、ここから山道になります。
f0174419_22154782.jpg


快調に登ります。
f0174419_22161632.jpg

f0174419_2216366.jpg


f0174419_22165768.jpg

少しずつ高度を稼ぎます。

f0174419_22172810.jpg

登り始めて50分で頂上手前の鞍部に到着。もうひと登り。

f0174419_22265647.jpg


鞍部から10分ほどで頂上へ
f0174419_22275380.jpg


貸し切りの頂上&城址を満喫
f0174419_22285570.jpg

f0174419_22291150.jpg

f0174419_22292193.jpg


ここの城址へは、秀吉も九州平定の折、登城したそうです。
f0174419_2231272.jpg

f0174419_22314691.jpg

北ノ丸から本丸、馬場方向を見たところ。城内にはヤブも木も無く、地元のみなさんによって、
毎年手を入れられているらしい。有難い事です。

f0174419_223807.jpg

f0174419_22381154.jpg

とっても大好きなところです。

f0174419_22384785.jpg

楽しかったね。
[PR]
by sdaisetu | 2015-12-29 21:10 | 平日登山隊 | Comments(0)

胸の観音寺

胸の観音

鹿ケ峰(観音山)の中腹、勝山地区を一望できるところにあります。小松ケ池棲む大蛇の毒気により命を落としたといわれる娘の霊を祀った観音様です。もとは「峰の観音」と呼ばれていましたが、明治以降胸の病にご利益がある観音様「胸の観音」と呼ばれるようになりました。5月(第2土・日曜日)の春季大祭、10月(第2土・日曜日)の秋季大祭には多くの人が訪れます。
                          観光パンフレット抜粋


駐車場まで細いくねくねした道を5分ほど、対抗車が来たら嫌だなって思いながら走らせ、
だだっ広い駐車場に到着。そこから胸を突くほどの急坂を上ること10分
結構な坂道でした。
f0174419_2253562.jpg


赤い灯篭が左右に
f0174419_22571947.jpg


境内に到着すると仏様と大岩
f0174419_22584557.jpg

f0174419_22585870.jpg

f0174419_22591311.jpg


その大岩の下がくぐれます。
f0174419_22595529.jpg


奥の院も大岩だらけ
f0174419_2303398.jpg

f0174419_2304623.jpg


お寺と言うより民間信仰の霊場のような雰囲気ですが、行く価値はありますよ。
なんだか楽しく感じました。
雰囲気とお線香の香りと大岩を堪能できる場所です。

所在地  福岡県みやこ町勝山黒田

アクセス  バス・・・行橋駅から太陽交通バスで約25分(田川・香春町方面行き)
           黒田バス停 または 上黒田バス停下車、徒歩約60分
      車 ・・・・国道201号黒田バス停から中腹駐車場まで約5分、
           駐車場から本堂まで徒歩約15分
[PR]
by sdaisetu | 2015-12-28 22:46 | 珍寺 | Comments(0)

門司 風師山

休みと天気が合わず、なかなか出動できなかったけど、
今朝から良い天気。行かなきゃね。

f0174419_19431199.jpg


車窓から見るまぶしい青空。山頂から見る景色を期待します。

市内に住んで居ながら、知らなかった小森江子供の森公園の存在、
昔門司港から登った事があったけど、下からはほぼ車道なもので、少しつまらなさを
感じてました。でもここからは、山道の連続、楽しみです。

f0174419_194585.jpg


風師山(かざしやま)・矢筈山(やはずさん)のふもとに広がる自然の森を整備した施設公園。
国道3号を小倉市街から門司市街へ、門司市街を抜け小森江子供の森公園の標識を右折、細い道を
上り詰めた先に公園があります。
ここに車を止め、公園の奥から風師山へ取り付きます。
f0174419_2093110.jpg



f0174419_1948259.jpg


なかなかの坂道をジグザグと高度を上げます。

f0174419_19484376.jpg


f0174419_19485626.jpg


f0174419_1949660.jpg


登り始めて40分くらいで鞍部に到着。
左に行けば、風頭(かざがしら)岩峰。右に行けば、風師山山頂。
山頂は、風師山南峰、風師山、風頭(かざがしら)岩峰[岩場]の3つの峰からなり、眺めはまさに360度です。

先ずは、左に折れ、風頭(かざがしら)岩峰を目指します。
5分ほど進んで、標識を左、岩場の間を抜けると、ご覧の眺望が広がります。

f0174419_19581545.jpg


正面に関門大橋。下関市街と彦島の街並み。
真ん前に見える小島は、宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った、船島こと巌流島。
f0174419_200183.jpg


頂上には、歌や句の文学碑がならんでました。
f0174419_2055468.jpg


f0174419_206786.jpg


f0174419_2062632.jpg


f0174419_2082972.jpg


頂上の風景を楽しんで、もと来た道を戻り鞍部を過ぎ、登ること5分ほどで風師山頂上

f0174419_20125388.jpg


f0174419_2013115.jpg

船が行きかう関門海峡や手前門司の町や左に戸畑、小倉の工場群が見えます。

f0174419_2015789.jpg


帰りは、矢筈山方面へ一気に下がります。
f0174419_201756.jpg

f0174419_20172052.jpg


矢筈山は、ワンコ禁止エリアなので、途中から折れ小森江子供の森公園へ
f0174419_20214416.jpg

短い時間でしたが、楽しい山行になりました。
f0174419_20213176.jpg

[PR]
by sdaisetu | 2015-12-18 20:36 | 平日登山隊 | Comments(0)

足立山から戸ノ上山へ

最近ぼちぼち再開した登山。今日はワンコ抜きで近場へ行きました。
友人2人を誘って、企救自然歩道を歩きました。

始まりは、小倉駅。
f0174419_1223459.jpg


ここからは、西鉄バス。縦走しますので、登り口と降り口が離れるので、小倉駅を基点に
公共交通機関を使います。

貸し切りの車内
f0174419_1226797.jpg

バス久しぶりだったんで、楽しかったです。

f0174419_1226423.jpg

妙見神社。 ゛足立の妙見さん” の呼び名で親しまれているこの神社は、
全国妙見総本宮でもあります。
f0174419_1231459.jpg

 縁起によると宝亀年間(770~780)、和気清麻呂の命により、四男の磐梨妙運が
建立したといわれます。1870年頃に「御祖神社」と改称し、1945年以降より現在の
「足立妙見宮」の名称となりました。境内には横山白虹の句碑もあります。
f0174419_12313427.jpg
 
f0174419_12315715.jpg

ここは狛犬ならぬ狛猪、珍しいでしょう。 
企救自然歩道の入り口にあたり、ここから足立山へ登ります。

f0174419_1233265.jpg

和気清麻呂と猪の像

像の横からいきなりの急坂。
f0174419_12353548.jpg

f0174419_12354916.jpg


上宮への案内。本道からそれるけど、行かないとね。今日の山行の安全祈願。
f0174419_1236379.jpg

f0174419_12364951.jpg

地元の方かな、綺麗に清掃管理されており、とても良い波動でした。お参りして気持ち良かったです。

f0174419_1238189.jpg

息を切らせながら、足立山頂上。
小倉の街並みが一望できます。
f0174419_12384645.jpg

天気が今一だったけど、なんとか見えました。

f0174419_12392932.jpg

足立山頂上から戸ノ上山方面、いきなりの急坂ロープを伝わりながら降ります。

f0174419_1241461.jpg

f0174419_12411827.jpg


f0174419_12413141.jpg

まだまだ、先は長いよ

f0174419_1242061.jpg

低山とは言え、なかなかきついです。面白い山の縦走路です。

f0174419_12425622.jpg

もうちょっと、頑張ります。

f0174419_12433062.jpg

道が開けて来ました。大台ヶ原に到着。お昼にしますか。

f0174419_12443871.jpg

f0174419_12444876.jpg

ここからは、門司方面が見えます。

昼食後、最後のひと登り、戸ノ上山へ。
f0174419_1245564.jpg

戸ノ上山途中からお昼を食べた大台ヶ原とはるかに足立山が見えます。

f0174419_1247337.jpg

戸ノ上山頂上にある神社でお礼参り。

ここからは寺内まで、ながい下り。いがいと下りはきついです。

急行バスで小倉駅へ。
f0174419_12492755.jpg


低山ながら何度もアップダウンがあってきついけど、街並みや海峡などを見渡せてとっても
楽しい山行となりました。北九州でおすすめの山です。

企救自然歩道足立山から戸ノ上山まで縦走ならば、車は小倉駅に止めて、
西鉄バスで黒原1丁目で降り妙見神社を目指します。(小倉駅バスターミナル5番乗り場)
戸ノ上山から寺内登山口を目指し、寺内バス停から小倉駅前まで。もしくは門司駅まで歩いて、
JRで小倉駅まで。

足立山往復ならば、妙見神社に車を止めます。(社務所にて許可申請が必要)
[PR]
by sdaisetu | 2015-12-07 13:03 | 登山 | Comments(0)

海峡散歩。門司港編

天気の良い平日、山に行こうかと思いましたが、PM2.5の影響か山間がガスって真っ白。
長めの散歩が出来る門司港へまたまた行きました。

f0174419_9572818.jpg

ブルーウイング門司

f0174419_958062.jpg

門司港の観光エリアをゆっくりめぐります

f0174419_9584051.jpg

旧門司三井倶楽部

f0174419_9585151.jpg

旧大阪商船ビル

f0174419_1147291.jpg

門司港ホテルと遊覧船

f0174419_11483023.jpg

お土産などなど。

f0174419_11493698.jpg

昔貨物用に敷設されていた線路、現在観光用に使われてます。

f0174419_1151776.jpg

その横に関門橋まで続く遊歩道があります。のんびり歩きます。

f0174419_11524832.jpg

風が気持ちいい。

f0174419_11532185.jpg

しばらく歩くと、ノーフォーク記念広場。北九州市と姉妹都市の
米国バージニア州ノーフォーク市にちなんで名前がつけられました。

f0174419_11563126.jpg


f0174419_11564437.jpg

巡視船きくち

f0174419_11574650.jpg

関門橋が綺麗に見えました。

f0174419_11582237.jpg


f0174419_11583634.jpg

橋台を回り込むように歩くと

f0174419_1159154.jpg

和布刈神社表門

f0174419_1221975.jpg

関門トンネルは、4本ほど通っており、新幹線用、幹線用、車用、そして、人と自転車、
原動付き(押し歩き)が通れる人道用。ここは門司側の入り口です。エレベーターで下に潜ります。

f0174419_1283964.jpg

関門海峡の渦

小型船舶が果敢に前進
f0174419_1292557.jpg

跳ねたよ、乗っている人スリル満点。

f0174419_12101947.jpg

遊歩道の終着点は、観光トロッコの終着駅でもあります。
昔活躍していた、EF301+オハフ33。客車はカフェに改装してありました。

f0174419_12131244.jpg

ゆっくり歩いて往復2時間。良い散歩が出来ました。
門司港散策には、ゆっくり歩くのも良いですよ。
昔走っていた、西鉄路面電車と

f0174419_12144919.jpg

[PR]
by sdaisetu | 2015-12-03 09:51 | 満福&福丸 | Comments(0)

高塔山・石峰山

毎日の様に見る高塔山。地元の山だし登っておかなきゃね。

スタートは、自宅からの歩きです。

15分くらい歩けば、高塔山の正面、北九州市若松区白山に鎮座する【白山神社】前に到着。

f0174419_2218164.jpg


中々の階段で、息を切らせながら駆け上がります。

f0174419_22224568.jpg


正面拝殿。趣のある歴史を感じさせる建物です。
後ろを振り返ると、若戸大橋が綺麗に見えました。

f0174419_22245264.jpg


神社をお参りしたあと、境内の左の道を進み、公民館の横の山道に入る。

f0174419_22272561.jpg


標高120m、息をつかせながら一気に上る。最高地点の場所に展望台があり、若松の街並みが綺麗に見渡せます。

f0174419_22295736.jpg


展望台の真横にある、かっぱ封じ地蔵

f0174419_2232222.jpg


日本むかし話にも紹介されました。

f0174419_22324178.jpg


頂上は、綺麗な公園に整備されており、市民の憩い場所の一つになってます。

f0174419_22382134.jpg


公園を抜け、石峰山へ向かいます。
途中にある仏舎利塔

f0174419_22405338.jpg


f0174419_2241926.jpg


釈尊入滅2500年を記念して、インドのネール首相より贈られた仏舎利(釈迦の遺骨)を祭るこの仏舎利塔は、昭和32年に建てられました。

ここを抜け、広い霊園を過ぎ、石峰山へと向かいます。

f0174419_2245385.jpg


f0174419_2246484.jpg


全く視界は開けないけど、歩きやすい稜線歩き。

f0174419_22493643.jpg


頂上からは視界も開け、目の前に皿倉山が見えます。

f0174419_22511090.jpg


天気も良くって、あっと言う間に登れて楽しい山です。
息子達にも良い散歩ができました。

f0174419_22525031.jpg


夜の散歩にいつも行く、マイドッグランの公園。
真ん前に西部ガスのガス貯蔵工場があるのですが、とっても綺麗でした。
北九州は、工場萌え!で盛り上がっているそうです。

f0174419_22552441.jpg


f0174419_22554217.jpg


f0174419_22555351.jpg

[PR]
by sdaisetu | 2015-12-01 22:34 | 平日登山隊 | Comments(0)