カテゴリ:登山( 20 )

朝駆け 大船山登山。

f0174419_20455770.jpg
部屋から大好きな川の流れの音が聞こえたものですから。お酒と登山の疲れあって爆睡してました。
時間に起こしてくれた仲間が今まで雷雨だったと聞かされ、中止か!!って思って外へ出ると少しながら星が!!
頑張って行くことになりました。

道中真っ暗。ヘッドライト点けて山道を進みます。
ゆっくり2時間弱で段原に到着。もう一息で頂上です。

f0174419_20503722.jpg
頂上到着。コーヒータイム。ガスコンロにてお湯を沸かします。蒸し暑い中の行軍でしたけど、頂上は肌寒い。
f0174419_20510121.jpg
f0174419_20533095.jpg
秋の紅葉で沢山の方が訪れる御池。紅葉の時期にまた来よっと。
f0174419_20550510.jpg
日の出を諦めて下山途中にご来光。
f0174419_20551355.jpg
肉眼で見る朝日は綺麗でしたよ。
2時間弱で坊がつるまで下山。山荘へと戻ります。残した荷物の回収と8時にずらしてもらった朝食を頂きます。
f0174419_21084520.jpg
下から見る大船山。さっきまであそこにいたんですね。
f0174419_20582145.jpg
宿を後に。でもまだまだ車を止めた駐車場まで2時間ほど歩きます。
f0174419_20595186.jpg
f0174419_21010664.jpg
雨ヶ池に至る山道を登る途中の展望の良い場所からパチリ。坊がつるの見納めです。
f0174419_21031150.jpg
雨が降ると池になる雨ヶ池。これからは最後の下りです。
f0174419_21042236.jpg
疲れた足には下りって言ってもキツイですね。
f0174419_21050207.jpg
f0174419_21052179.jpg
降りて来た~101.png振り返って思いにふけます。
f0174419_21082319.jpg
平治号 こんにちは。

f0174419_21123045.jpg
法華院温泉山荘の姉妹店。花山酔。下山後の温泉いただきます。
f0174419_21140216.jpg
山では、シャンプー石鹸が使えなかったのでここで思い切り泡立てます。さっぱりした~!!
f0174419_21113110.jpg
今回の締めは、ブルーベリーソフト。美味しかった。
大好きは山を満喫出来た旅になりました。次はキャンプかな?

にほんブログ村
[PR]
by sdaisetu | 2017-08-05 21:20 | 登山 | Comments(0)

法華院温泉 法華院山荘

f0174419_11551647.jpg
法華院温泉は九州で一番高い標高(1,303m)に存在する温泉で、1880年代に山小屋として始まり100年以上の歴史ある山荘です。もともとは九重山法華院白水寺と言うお寺だったそうです。

f0174419_20083090.jpg
f0174419_20084835.jpg
f0174419_20091514.jpg
雰囲気も良くって楽しめそうですね。受付を済ませて館内へ。
f0174419_20101855.jpg
木をふんだんに使って趣のある廊下。靴はトレイの上に置きます。寒ければ廊下に備えの毛布を足せます。
f0174419_20120184.jpg
部屋は6畳。何もありません。
f0174419_20132964.jpg
誰でも使える談話室。コンロ持ち込みで煮炊きもできます。雨で濡れた衣服を乾かす、乾燥室完備。
f0174419_20144728.jpg
正面がお土産などを売っている売店。左手に受付カウンター。

お目当ての温泉へ。
f0174419_20162800.jpg
泉質は、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム硫酸塩泉。
登山の後の温泉は最高です。

お待ちかねのビールです。
f0174419_20195476.jpg
ジョッキの生ビールが頂けるとは、最高ですね。
今日の4人と同じ会社の方がテント場の方に。合計5人で山談義。ゆっくりのんびり1時間ほど。さてさて夕ご飯です。
f0174419_20214015.jpg
どの人のブログを見てもおでんはあるので、名物かな?ご飯のおかわり自由。お米がとっても美味しかった。
f0174419_20251712.jpg
一度に百人くらいは食事が取れるかな?山の本がいっぱいありました。
f0174419_20264955.jpg
個室が埋まると大部屋。百人ほど泊れますとのこと。シーズンだと埋まるそうですよ。フェリーの2等室を思い出します。
f0174419_20284802.jpg
入って直ぐの玄関。たたきって言うのかな?下駄箱とスリッパがあります。
f0174419_20314691.jpg
趣きがありますね。
f0174419_20321430.jpg
トイレも綺麗です。
f0174419_20325397.jpg
何か所に自動販売機。

ここの山荘へは、一番近い道を通っても2時間掛かります。ゆえに辿り着いた感動もプラスされます。

明日は1時半起床で朝駆け登山。まだ8時ですけどおやすみなさい。


にほんブログ村
[PR]
by sdaisetu | 2017-08-04 20:41 | 登山 | Comments(0)

九重連山 夏 

f0174419_20335829.jpg
何時もの仲間と九重へ。今日は法華院温泉で泊り。楽しみしていた山行になりました。
f0174419_20394966.jpg
7月30日、朝9時に長者原駐車場に到着。これから路線バスで牧ノ戸峠まで上がります。
f0174419_20410610.jpg
f0174419_20414378.jpg
牧ノ戸峠到着。本格的な登山の始まりです。

f0174419_20423353.jpg
f0174419_12121225.jpg

コンクリートの登山道。このコース一番キツイ登りです。
f0174419_20444468.jpg
沓掛山まで登るとあとはゆっくりのんびり高度を稼ぐ稜線歩き。

f0174419_12162294.jpg
f0174419_11044673.jpg
振り返って沓掛山。

f0174419_11051760.jpg
ここは景色も良くって楽しいコースでした。しかし、雨のせいか道が削れて歩き難くなっております。
f0174419_11074850.jpg
土は削れて、大きな岩がむき出しです。
f0174419_11085981.jpg
f0174419_11092038.jpg
仲間がカメラで激写中(笑)
f0174419_11122100.jpg
真っ直ぐ久住山へ向かわず、星生山へ寄り道です。
f0174419_12185343.jpg
頑張ろう!!

f0174419_11134575.jpg
右手に久住山が見えたり隠れたり。
f0174419_11150395.jpg
頂上にはたくさんの人がお昼ご飯中。もう12時ですね。

f0174419_11162320.jpg
九重連山で唯一噴煙を上げている硫黄山。地球が生きているのを感じます。
f0174419_11174113.jpg
奥に三俣山にその奥、平治岳。

f0174419_11201402.jpg
f0174419_11203501.jpg
噴煙すぐそば!!
f0174419_11212255.jpg
丁度ここから下界長者原駐車場が見えました。
f0174419_11221669.jpg
f0174419_11223489.jpg
星生崎から見る久住分かれ。今日の最高峰の久住山にアタックします。
f0174419_11242707.jpg
久住山。ちょっと曇っているのが残念ですね。
f0174419_11290253.jpg
正面に天狗ヶ城。右奥に九重連山最高峰の中岳。
f0174419_11341609.jpg
久住山頂上。どこから来たのかトンボがいっぱい飛んでいました。
f0174419_11355340.jpg
f0174419_11361352.jpg
ここからの眺めはいつも最高です。

f0174419_11365875.jpg
次の目的地にして今夜の宿の法華院温泉を目指します。頭の中はビール一色です(笑)
f0174419_11414109.jpg
f0174419_11420174.jpg
久住分かれから北千里ヶ浜へ降ります。

f0174419_11440349.jpg
f0174419_11441740.jpg
北千里ヶ浜の名に相応しいなだらかな白い道です。

f0174419_11465441.jpg
振り返った名の知らぬ山。日本版ピラミッドのような綺麗な二等辺三角形。

f0174419_11561023.jpg
ちょっと有名なゴリラ岩。

f0174419_12032464.jpg
坊がつるが見えて来ました。もうちょっと頑張るぞ!!

f0174419_12044721.jpg
後ろから見る法華院温泉、法華院温泉山荘。
f0174419_12064062.jpg
回り込んで法華院温泉山荘正面。ただいま午後4時。お風呂入ってビールでもいただきましょうか101.png







にほんブログ村
[PR]
by sdaisetu | 2017-08-03 12:20 | 登山 | Comments(0)

平治岳から大船山

f0174419_21453604.jpg

今回の山行は、由布町にそびえる由布岳に行く予定でしたが。山仲間が私の写真を見て行くって言うものだから
2週続けての平治岳登山となりました。
今回、長い登山で初めてのカメラを忘れると言う失態を演じてしまいました。あ~あテンションが落ちる落ちる。
でもスマホの画像も捨てたものではありませんね。少し気を取りなして登山開始です。
前回と同じ男池コース。ソババッケを過ぎて大戸越(うとんごし)へ、見上げる平治岳のミヤマキリシマは終わりがけでした。でも頂上に上がると8部残り位に咲いてました。


予報は晴れでしたけど、あいにくの曇り空。見た目では綺麗でしたよ。天空のお花畑でした。
f0174419_21511717.jpg
f0174419_21515805.jpg
さて今回は向こうの山、北大船山を目指します。高度を稼いだ平治岳を降ります。
大戸越まで降りて登り返します。
大戸越から一時間で北大船山到着。
f0174419_21522639.jpg
正面に三俣山。

f0174419_21533218.jpg
    段原に到着。ここに12時到着。お昼ご飯にしましょう。
f0174419_21544032.jpg
段原から見る大船山頂上。予定してなかったけど、行くしかないでしょう。
予定は片道25分。実際は15分で到着しました。
f0174419_23102519.jpg
f0174419_23111202.jpg
f0174419_23124228.jpg
f0174419_23145082.jpg
f0174419_23152766.jpg
大船山登頂。晴れててたら景色最高でしたね。残念。
f0174419_23175550.jpg
f0174419_23194043.jpg
f0174419_23204001.jpg
段原まで戻って御鉢周り。
f0174419_23221707.jpg
米窪を回り込むように下山します。最初の目的地は風穴。
f0174419_23442336.jpg
ゴロゴロした岩を越え1時間ほどでソババッケ到着。
f0174419_23460210.jpg
ここで小休止。あと1時間ほどで登山口です。行きより帰りの方がきつかったコースでした。

男池発7:40 - (17分) - かくし水7:57 - (32分) - ソババッケ8:29 - (57分) - 大戸越9:26 - 平治岳10:21 - 大戸越11:10 - 北大船山山頂11:50- 段原11:55(お昼ご飯) - (15分) - 大船山山頂12:45 - 大船山出発12:50 - (17分) - 段原13:07 - (1時間23分) - 風穴14:30 - (53分) - ソババッケ15:23 - (23分) - かくし水15:46 - (20分) - 男池16:06   【所要時間 8時間26分 (食事・休憩含む)

[PR]
by sdaisetu | 2017-06-18 16:21 | 登山 | Comments(0)

平治岳 ミヤマキリシマ2017

f0174419_22363911.jpg
全く花に興味が無く、いつもスルーしていたミヤマキリシマ開花時期の九重連山。一番綺麗に咲くと言う平治岳へ。


ルートは、お決まりの男池からのコース。月曜日なのに駐車場は車で一杯。当たり前って言えば当たり前か!!
f0174419_22445390.jpg
f0174419_22475292.jpg
男池橋を渡ったらすぐに、かくし水方面へ。
f0174419_22482873.jpg
ここからはなだらかな坂道を登ります。
f0174419_22492690.jpg
途中の木々と苔に癒されます。
f0174419_22494225.jpg
f0174419_22495002.jpg
f0174419_22495934.jpg
30分程歩いて、かくし水に到着。
f0174419_22283175.jpg
ここでしばしの小休止。苔むす大木の脇に湧き出るかくし水で喉を潤す。
f0174419_22302969.jpg
f0174419_22304338.jpg
f0174419_22312371.jpg
1時間ほどでソババッケ到着。なぜにソババッケ?
この後は、雨後だと滑りやすい岩ごろの道からヌルヌルの黒土道。でも今回は滑る事もなく登る事が出来ました。

f0174419_22331431.jpg
大戸越(うとんごし)に到着。見上げる平治岳がピンクに染まってました。
平治岳は登りのルートと下りのルートがあるので、間違わない様に登りのルートを進みます。
f0174419_22384049.jpg
少し登って大戸越(うとんごし)を見下げる。
f0174419_22402962.jpg
f0174419_22404375.jpg
f0174419_22405638.jpg
f0174419_22411494.jpg
平治岳からは、別府湾が見えるのですね。知らなかったです。
f0174419_22423124.jpg
ミヤマキリシマと九重連山。
f0174419_22431636.jpg
f0174419_22441525.jpg
f0174419_22443279.jpg
北峰から本峰へ。
f0174419_22451883.jpg
初めての平治岳です。
f0174419_22460356.jpg
三俣山。
f0174419_22471077.jpg
f0174419_22472555.jpg
f0174419_22474050.jpg
f0174419_22480403.jpg
満開の時期に来れて良かったです。天気がうす曇りなのが残念でしたけど。けれど良しとしましょう。
f0174419_22493539.jpg
大戸越(うとんごし)に降ります。
f0174419_22501176.jpg
下りルートを降りる登山者達。
f0174419_22510908.jpg
時間があったら北大船も気になります。
f0174419_22522545.jpg
f0174419_22523369.jpg
自然と木々が楽しいコースでした。登って2時間。山頂付近で1時間。ゆっくりのんびり下って2時間。
楽しめた山行でした。男池に寄り道。
f0174419_22524016.jpg
脈々と水が湧き出てました。柄杓ですくって美味しい水をありがとうございました。

[PR]
by sdaisetu | 2017-06-12 22:03 | 登山 | Comments(0)

福智山 八丁越えコース。

f0174419_11045124.jpg
今回も会社の仲間と登山を楽しんで来ました。
近くでそびえる福智山。けっこうキツイと言われる八丁越えコースにチャレンジしました。
f0174419_11065270.jpg
月曜日って事もあって、上の駐車場に停めれました。黒のバニバニ号がそうです。
f0174419_11083846.jpg
直ぐにかじか橋に到着。
f0174419_11160059.jpg
f0174419_11161440.jpg
f0174419_11162740.jpg
取り付いて直ぐですけど、けっこうな急勾配。滑りやすいので用心用心。
f0174419_11172481.jpg
息を切らせながら、白糸の滝に到着。
f0174419_11180040.jpg
夏は、ひんやり涼しい白糸の滝。
f0174419_09365497.jpg
f0174419_09370650.jpg
f0174419_09382476.jpg
f0174419_09384142.jpg
手入れ良く、迷う場所無しです。標識道しるべ共に良好。
f0174419_09395722.jpg
ただただ急勾配。息が切れます。
f0174419_09404184.jpg
f0174419_09405253.jpg
見晴らしの良い場所で小休止。下界と山頂。まだまだです。
f0174419_09415177.jpg
f0174419_09420324.jpg
f0174419_09421719.jpg
なだらかな所や急坂やら、変化が楽しいです。もう直ぐで林道のはず。そこまでくれば頂上もう直ぐ。
f0174419_09435088.jpg
林道到着。ここから距離は短いけど、急登します。
f0174419_09445529.jpg
f0174419_09450718.jpg
ジグザグ走行!!ロープをガイドに登ります。
f0174419_09461561.jpg
開けた!!もう直ぐ頂上直下の八丁です。
f0174419_09472917.jpg
福智山頂上が見えた!!今日も晴れて最高です。
f0174419_09470749.jpg
振り返ると登って来た道。
f0174419_09491549.jpg
f0174419_09552751.jpg
振り返って八丁越えの丘?なかなか楽しいコースでした。もうちょっとで頂上!
f0174419_10033685.jpg
頑張れもう直ぐ。
f0174419_10042303.jpg
山の神様にご挨拶と下山時の安全祈願。
f0174419_10060769.jpg
到着!!ホントに良い天気に恵まれました。
f0174419_10064590.jpg
少し下がって昼食。ゆっくりのんびり休みます。
f0174419_10073973.jpg
ひこうき雲。綺麗ですね。
f0174419_10082385.jpg
お腹も心も満タンになって下山しましょうかね。
f0174419_10091146.jpg
f0174419_10092216.jpg
下りはなだらかな上野越えコース。足に優しいコースです。
天気に恵まれて楽しい山行でした。



[PR]
by sdaisetu | 2017-04-24 10:33 | 登山 | Comments(0)

ぐるりと九重連山

f0174419_23242277.jpg
    次は由布岳だ~!!003.gif

会社の仲間と月一の登山会、今回は雪の九重連山を狙ったもののもうすでに雪はありませんでした。

今回は長者原からすがもり越え、北千里ヶ浜から久住分かれ。久住分かれから久住山は登らず、天狗ヶ城
と中岳を目指し、稲星山、白口岳から鉾立峠へ、そこから法華院温泉、雨ヶ池越えから長者原へ
たっぷり歩いて8時間コースです。

f0174419_23204181.jpg
8時45分長者原駐車場を出発。天気最高です。

f0174419_23464646.jpg
最初は歩き易いコンクリートの道を進みます。少しずつ高度を稼ぎます。
f0174419_23480017.jpg
f0174419_23491444.jpg
少しながら残雪も、ポカポカ陽気で額に汗がにじみます。
f0174419_23501877.jpg
f0174419_23503590.jpg
スガモリ越え。ガレ場と言われる大小の石の道を歩きます。
f0174419_23520643.jpg
スガモリ越えと言われる峠に到着。昔はここに山小屋がありました。少しの休憩の後、北千里ヶ浜へ降ります。
f0174419_23533377.jpg
ここからは噴煙を上げる星生山が目の前。
f0174419_23550192.jpg
f0174419_23550904.jpg
f0174419_23552858.jpg
九重分かれに向かって、ここを登ります。
f0174419_23561365.jpg
もう少しで久住分かれ。
f0174419_23564735.jpg
今登って来た道と三俣山。
f0174419_23583028.jpg
f0174419_23583898.jpg
f0174419_23584777.jpg
 阿蘇五岳が綺麗に見渡せました。
f0174419_23594151.jpg
    中岳を目指します。
f0174419_00003258.jpg
まずは手前の天狗ヶ城と言う山を目指します。。眼下に御池。
f0174419_00020086.jpg
完全とは言えませんけど、凍結してますね。
f0174419_00024007.jpg
天狗ヶ城登頂。
f0174419_00030786.jpg
f0174419_00031872.jpg
  九重連山最高峰の中岳 標高1,791m
f0174419_00032400.jpg
 ぐるりと360度絶景と広がります。大変な思いで登った甲斐があります。
f0174419_00050116.jpg
溶けかけた御池にチャレンジ中。危ないよ!!
f0174419_00060637.jpg
f0174419_00062125.jpg
f0174419_00102980.jpg
最高峰の中岳へチャレンジ中。
f0174419_00110751.jpg
12時16分中岳到着。お昼ご飯にしましょう。
f0174419_00121669.jpg
頂上少し下がった所で、腰を下ろしました。
f0174419_00125849.jpg
寒い時はカップラーメンがご馳走です。
f0174419_00134871.jpg
稲星山目指して、いったん降ります。かなりの急勾配で途中梯子やロープがあります。慎重にゆっくりと。
f0174419_09332894.jpg
下りてまた登り、稲星山へ。
f0174419_09341464.jpg
f0174419_09343051.jpg
    13時33分稲星山登頂。
f0174419_09355012.jpg
白口岳へ回りこむように登ります。
f0174419_09363773.jpg
f0174419_09364812.jpg
f0174419_09370445.jpg
14時20分白口岳登頂。今回最後のピークです。ここから法華院まで長い下り坂。一番きつかった!!

f0174419_09391189.jpg
   黄土色した所まで降ります。
f0174419_09400952.jpg
    最初は楽勝気分。途中から長い長い!!
f0174419_09405870.jpg
1時間も掛かって法華院の隅っこに降りてきました。ここから法華院温泉まで平坦な道を30分歩きます。
f0174419_09431656.jpg
f0174419_09440097.jpg

f0174419_09442713.jpg
最短コースでもゆっくりのんびり2時間位掛かる温泉宿。歩いた人だけ泊れます。憧れの温泉宿です。
次回はここに泊まろう003.gif

f0174419_09464224.jpg
大船山1,787.1 ここも登りたいですね。
f0174419_09475873.jpg
坊がづるの平原を進む。今日はつかれたね。最後の登り、雨ヶ池まで少し登ります。
f0174419_09480727.jpg
f0174419_09503152.jpg
      雨ヶ池到着。木道橋を歩きます。雨が降ると一面池に変わります。
ここから長い下り、おまけに林の中を行くので辺りが暗くなると余計に暗くなります。
今、16時30分。日没が17時40分頃。急ぎ足で降ります。長者原駐車場まで約1時間。
f0174419_09535274.jpg
夕日をバックに降りてきました。日没までに間に合いました023.gif
f0174419_09550397.jpg
    道に迷った登山客を助けたと言われる平治号。今日は歩いて歩いて8時間。
    満喫した九重連山。4座も登頂しました。大満足!!

[PR]
by sdaisetu | 2017-02-19 23:18 | 登山 | Comments(0)

糸島四座 十坊山~浮岳~女岳~二丈岳

今日は、糸島四座と言われる十坊山~浮岳~女岳~二丈岳を縦走して来ました。
この縦走の面白い所は、ほぼ山が独立峰なので登山下山の繰りかえりです(^^;)
だから大好きな稜線歩きは余りありません。ただここの売りは海方面の景色の良さです。
登山で見る景色は、重要ですもんね。

今年の登山で、たまたまお友達になったMさんのお誘いでこの企画に乗っかりました。
 
福岡県糸島市二丈吉井にあるJR福吉駅に集合。ここには駅の両側にコインパーキングがあり車を止めます。
コースは、ここからだと四座縦走のあと、林道を通ってまたここに戻ってくるコースと2つ福岡よりの筑前深江駅に降り電車で戻るコース。余談ですが、深江駅、大入駅、福吉駅間はたった2駅ですがとっても遠いので歩こうと考えないようにね。

f0174419_12372585.jpg
今回は、男女合わせての5人です。用意して、トイレ済ませて、8時に出発。

f0174419_12500127.jpg
f0174419_12510173.jpg
まずは、十坊山(とんぼやま)(535m)へGO!!普通だったらこの山だけで満足ですよね。
10分位歩いて、西九州道の高架の下をくぐり抜け中村登山道口に到着。
f0174419_12545726.jpg
f0174419_12562738.jpg
しばらくは畑の裾を歩きます。舗装された道だしなだらかな勾配なので歩き易いです。
でも少しずつ高度が上がるので、振り返ると綺麗な海が時々見えます。
f0174419_12571934.jpg
ミカンの木々の間から糸島の海。
f0174419_13002702.jpg
舗装道路から登山道へ。
f0174419_13014710.jpg
f0174419_13021314.jpg
こういう稜線歩きが大好きです!!
f0174419_13024349.jpg
もう直ぐ頂上。
f0174419_13042806.jpg
開けたところまで出てきました。海が綺麗!!
f0174419_13061675.jpg
1座目十坊山到着。ここの頂上には大岩があり登る事も出来ます。
豊臣秀吉の九州征伐の折、兵火で寺が焼かれた。余談だが、この時に逃れたものの、「十坊山」(とんぼやま)の山上で捕まり殺された10人の僧侶の塚が今も十坊山にあり、このことが脊振山系の最西端の峰を「十坊山」と呼ぶ由来となったという。wikipediaより。
f0174419_13123169.jpg
f0174419_13141979.jpg
f0174419_13145934.jpg
反対側から他のパーティーが登って来ました。
f0174419_13165474.jpg
これから向かう3座。そびえてますな(^^;)
f0174419_13180817.jpg
下ります降ります。次の浮岳へ向けて下ります。
f0174419_13225920.jpg
白木峠到着。ここから登り返します。
f0174419_13270771.jpg
少し荒れた杉林を進みます。
f0174419_13282378.jpg
もう直ぐ頂上。
f0174419_13313774.jpg
浮嶽山(805m)到着。
f0174419_13341141.jpg
浮嶽神社の上宮。
f0174419_13391137.jpg
展望台と書かれた大岩の上から。
f0174419_13412042.jpg
その大岩の下にある「白龍稲荷社
この龍神の息子「竜起」は神功皇后の命を受け朝倉地方の賊「羽白熊鷲」を討伐し、武勇を天下に高めたと伝説にいう。
f0174419_13450021.jpg
f0174419_13543650.jpg
この辺は、赤テープじゃなく黄色テープを目印にします。
f0174419_13561895.jpg
荒谷峠付近に降りてきました。ここから少し女岳登山口まで一般林道を歩きます。
f0174419_13590395.jpg
さっきまでいた浮嶽が良く見渡せる女岳登山口で昼食&休憩。あと2座。頑張ります。
f0174419_14021850.jpg
今日3度目の登ります!!(;'∀')
f0174419_14030027.jpg
短いながら急登を息を弾ませて登頂。
f0174419_14044052.jpg
女岳(748m)
f0174419_14061309.jpg
さぁ!頑張って下るぞ。次が最後!!!
f0174419_14074549.jpg
真名子で登り返し。二丈岳へ今日最後の登りです。
f0174419_14125126.jpg
二丈岳(711m)到着
f0174419_14160781.jpg
f0174419_14161966.jpg
登って来た山々、良く頑張りました。
f0174419_14191779.jpg
さてと筑前深江駅まで下ります。現在午後4時。下山途中で暗くなる予定です。

f0174419_14194748.jpg
f0174419_14195621.jpg
f0174419_14200479.jpg
頑張れもう直ぐ日没だ~!
f0174419_14201293.jpg
深江駅到着頑張った!!
f0174419_14202561.jpg
ここから電車で2駅先の福吉へ。ここでメンバーさんとお別れ。今日はありがとうございました。
長かった山行が終わりました。
私は一人、きらら温泉へ。汗を流して帰路につきました。
途中都市高速からの夜景が綺麗でしたよ。年末ですもんね。
f0174419_14203532.jpg
f0174419_14263529.jpg
ブレブレの福岡タワー(^^;)

[PR]
by sdaisetu | 2016-12-10 12:37 | 登山 | Comments(0)

古処山~屏山

今回も会社の4人で近場の低山。秋月登山口から先に奥の屏山。稜線を戻って古処山を巡りました。
 
駐車場を選べば、かなり時間も短縮できますが、下から歩きたいと言う事で、秋月城下の秋月観光協会Pに車を停めました。ここは秋月のど真ん中で帰りの観光におすすめです。

駐車場から車道を歩いていたら、地元のおばあちゃんに、こっちの道が旧街道だよって教えてもらって、なかなか風光明媚な街道を歩くことができました。
f0174419_20381983.jpg
天気がもう一つながら紅葉が見ごろでした。
f0174419_20404839.jpg
f0174419_20411853.jpg
f0174419_20413304.jpg
f0174419_20414958.jpg
f0174419_20422021.jpg
この後田んぼの間を抜け本覺寺に到着。ここから登山開始です。
f0174419_20442001.jpg
9:20分  本覺寺
f0174419_20444466.jpg
f0174419_20450713.jpg
道は分かり易いです。

f0174419_20465293.jpg
今日の山行はお地蔵様が沢山お見えになります。

f0174419_20484459.jpg
道が荒れていたのが残念です。
f0174419_20502524.jpg
何ヶ所かこんな橋が架かってます。
f0174419_20503409.jpg
f0174419_20504565.jpg
山ガール?の一団に遭遇。笑い声が絶えません。

f0174419_20522229.jpg
渡河する場所もあり慎重に歩きます。

f0174419_20533330.jpg
f0174419_20534545.jpg
f0174419_20540828.jpg
f0174419_20542805.jpg
f0174419_20544890.jpg
f0174419_20554038.jpg
歩き易い所や川で濡れて滑りやすい場所や石道が壊れた所や なかなか難しい山道です。
f0174419_20573155.jpg
水舟に到着。  10:45分

f0174419_20581324.jpg
10:49分にこの分かれ道に到着。右の屏山へ進路を取ります。
f0174419_07231088.jpg
ツゲの原生林。とても歩き易かったです。程なく歩くと稜線へ。
f0174419_07283068.jpg
古処山から屏山の間にでました。まずは屏山へ。
f0174419_07294237.jpg
f0174419_07323082.jpg
f0174419_07324598.jpg
もう直ぐ屏山頂上。
f0174419_07332668.jpg
屏山 11時30分到着。 偶然に春先に宝満山で知り合った方と再会。やっぱり日本は狭いですね。

来た道を戻り、古処山へ。楽しい稜線歩き。古処山手前400メートル辺りからゴツゴツとした岩が現れ登ったり降りたり。
f0174419_07352341.jpg
f0174419_07373996.jpg
取りあえず、一番高い岩の上で記念撮影。
頂上の標識はここの一段下にありました。
f0174419_07394137.jpg
古処山12時30分到着。ここで休憩と昼ご飯。
ここからの下りは、八丁峠を行きます。
f0174419_07410269.jpg
f0174419_07420332.jpg
地蔵さんや弥勒様や磨崖仏まで。
f0174419_07430242.jpg
f0174419_07440180.jpg
どんどん下ります。下りだからね歩き易いけど、登りだとぞっとします。
f0174419_07445534.jpg
途中山の主と遭遇。赤い首輪もして足も汚れてなく、どこかの飼い犬とすぐに分かったけど、どこの子だい?
f0174419_07463614.jpg
しばらく歩くと国道322号に合流、少し車道を歩きます。
f0174419_07473367.jpg
この看板が見えたら、また旧街道へ。
f0174419_07481218.jpg
殿様も登城の際に歩いた石畳の登山道。
f0174419_07490569.jpg
14時59分。だんご庵到着。
f0174419_07495342.jpg
お茶が美味しかった。
f0174419_07501622.jpg
f0174419_07503627.jpg
f0174419_07514794.jpg
紅葉を愛でながらの登山も良いですね。
この山もルートの取り方次第で、登山口をチョイスしだいで、2,3時間からぐるっと5.6時間位楽しめる山です。かなり豪雨のせいでの登山道が荒れてますけど、道は分かり易くて楽しい山です。

[PR]
by sdaisetu | 2016-11-21 20:17 | 登山 | Comments(0)

三郡縦走

ずっと行きたかった三郡縦走。思い立って出かけてきました。
地元福岡の山好きにとっては、きついながら憧れの山歩きです。今ではトレラン愛好者の鍛錬のコースとなってます。
距離はおおよそ24キロ。時間9時間以内(日没前)に。頑張ります。
f0174419_22352015.jpg
今日は、篠栗から大宰府コース。
地元の駅から乗り継いで、起点の篠栗駅。7時25分。
目の前にローソン。少し歩いてファミリーマートがあります。
f0174419_22381975.jpg
駅前の道から先の大通りを右手に。県道607号を進むとすぐに若杉山への看板。
ここから1時間。若杉楽園キャンプ場を目指します。
f0174419_22422589.jpg
道なりにくねくねと、表示がされているので、迷う心配はないです。
時間短縮でキャンプ場までは、タクシーもありです。

f0174419_22450601.jpg
晴れの予報だったのにな。なかなか晴れてくれません。おまけに途中で大雨。ちょうど倉庫の前で、その軒の下で雨宿りが出来ました。30分のロス。仕方ありませんね。
ここで、痛恨の道間違い。左に行くとこを右に行ってしまい。ここでも30分のロス。ま、ゆっくりのんびり。

f0174419_22493784.jpg
若杉山登頂。10時15分。予定より、1時間の遅れ。
ショウケ越え目指していったん下ります。
f0174419_22525087.jpg
若杉ヶ鼻。本当だと、ここから今日歩く稜線、三群山、目的地宝満山が見えるはずだったのだけど、真っ白。
ソイジョイを頬張る。
f0174419_22551951.jpg
ショウケ越え。この下を車道が走っており、車にとっては峠ですが、僕ら登山者にとっては谷に当たります。
これから、このコース一番の急登が始まります。  11時09分

f0174419_22583980.jpg
雨とマイナスイオンと所々の紅葉。
f0174419_22593483.jpg
鬼岩屋山頂到着。きつかったべ!!   11時56分
f0174419_23055316.jpg
砥石山  12時25分

f0174419_23005684.jpg
前砥石山。この辺は多少のアップダウンはあっても歩き易い稜線歩きが続きます。  12時49分
f0174419_23021077.jpg
f0174419_23022496.jpg
f0174419_23023939.jpg
紅葉が真っ盛りで、晴れてないのが残念です。
f0174419_23034325.jpg
あちらこちらで、山の会かな?表示がされているので、迷うことなく歩けました。ありがとうございました。
f0174419_23051720.jpg

f0174419_23095999.jpg
今日最高峰の三群山到着。14時06分。ここで遅めの昼食。しかし遅れ気味なので早々に出発。

f0174419_23122566.jpg
三郡山から宝満山、楽しかったです。

f0174419_23162278.jpg
途中越える仏頂山。 15時15分。今日の日没は17時15分、急ぎます。
f0174419_23192276.jpg
宝満山山頂。15時40分到着。
f0174419_23205557.jpg
f0174419_23215476.jpg
f0174419_23223260.jpg
f0174419_23234196.jpg
頂上で少しのんびりした後、少し下のキャンプ場へ降ります。
f0174419_23255322.jpg
下山しながらこの上が宝満山頂上。ほぼ山の上は岩で出来てました。
f0174419_23280906.jpg

f0174419_23285428.jpg
宝満山キャンプセンター 15時55分。ちょうど紅葉が盛りでした。
f0174419_23311425.jpg
さてさて、下山しますよ。たぶん日没までは無理かな!!でも慌てない慌てない。
ここからは、女道を通り正面登山道を降ります。
f0174419_23383112.jpg
振り返って百段ガンギ。

もう辺りが暗くなった17時30分に麓 竈門神社に到着。けっこう足がフラフラになりました。
ここから、コミュニティバスで西鉄大宰府駅へ。西鉄電車で天神へ
後はJRで地元へ。
雨宿りや道間違いがあったとしても、25キロを10時間。ちょっと掛かりましたね。
次回は8時間以内を目指します。でも楽しかった。

[PR]
by sdaisetu | 2016-11-15 23:05 | 登山 | Comments(0)